ダイエット

2006年10月15日 (日)

週間ダイエット情報

20061015_001  

ご、ご・・・ごしゅじ~ん・・・

むりやり、へんな「けいやく」をさせるきですね~!!!

にほんブログ村 犬ブログへ

Banner2_5

 

続きを読む "週間ダイエット情報"

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006年7月19日 (水)

ダイエットその後

20060719_001

 左前足の意味がわかりません。

 

--

以前の記事にも書きましたが、自宅こもりきりの受験勉強生活でかなり太りました。
自画自賛のダイエット記録に興味がありましたら、続きをどうぞ・・

続きを読む "ダイエットその後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

豆乳万能選手?

IMG_20060117_1

帰ってきたら、こんなに部屋が荒らされ・・・

 

 

IMG_20060117_2

 

幽閉の身にさせました。

 

--- 

最近、正月にお餅を食べすぎ、また太ってきました。

そんな中、先週、駅の売店をのぞくと、雑誌「レタスクラブ」の表紙の玄米おにぎりがとてもおいしそうだったのでついひかれて買いました。そしたら、特集は「デトックスでおなかやせ!」と言うダイエットものでした。

なんでも一週間次の食事をして食物繊維を上手に摂取してください。というもので・・

1〜2日目・・・朝昼夜ともバナナと豆乳のみ

3日目以降・・・朝はバナナと豆乳、昼は茶碗一杯のおにぎり(コンビニのおにぎりならば1個)とりんご一個、夜は普通の食事(ただし、ファイバー成分を意識した和食かイタリアン献立にすること 例えばきのこや海草、野菜、豆類を多く使用するなど。)

で、先週からやってみました。そして今日で終了です。流石に1日目、2日目はつらかったです。

 3日目以降、お昼のりんごは切るのが面倒でまるかじりしていました。周りからシャクシャクとうるさいと思われたかもしれません。食べるのに20分くらいかかりましたし。「噛む」ということを最近はそんなにしていないので、かえっていいのかもしれませんね。りんごをかじると歯茎から血も出ませんでした。おにぎりのほうは、私はもともと玄米食なのでファイバーはそんなに意識しなくてもよく。

で・・・肝心の成果ですが、思ったより劇的にやせた!

なんてことはありません。私には。

ただ、正月太り分位は解消できた・・・というところです。お通じ(お食事中の方、すみません。)は最初の2日間以外はかいちょうでした。

私はもともと腹筋が弱いので毎日軽い運動をしているのですが、今回の食事で効果があるか正確に知るために腹筋とかちょっとしないでいました。もしかしたら、その分相殺されて効果がなかったのかもしれません。止めないほうがよかったのかな。。

効果はなかったけど、忙しい朝に豆乳とバナナというのは手軽でいいです。お昼もずっと自分でおにぎりを作っていたのでお金がかからなかったし。受験追い込み時期、動かないし太りがちになるし、外で食べるとお金かかるので、この方法続けてみようかな。

いや、それにしても最近の豆乳は飲みやすいのに驚きました。昔、初めて飲んだとき、あのえぐさに参ってしまった・・と言う記憶しかなかったので。

そうそう、豆乳と言えば思い出した。私の高校時代の話。

 休み時間中、校舎を歩いていたら、高校の中にある自販機にすごい人だかりが。行ってみると、「おい、これ。どの商品おしても全部豆乳がでてくるぞ!」と男子が大騒ぎしていました。紙パックもののジュースを売っている自販機で、見本はオレンジ、グレープフルーツ、アップル、ヨーグルト味などあり、みんないつも当たり前のように利用していたものです。でも、その日はそのどれを選択しても豆乳が出てくるというのです。牛乳以外。で、私もやってみたら、でてきました!!しかも成分無調整のやつ。学校中大騒ぎでした。

犯人は校長(初犯?、当時50歳【推定】)。

校長はその年の春に転任してきたばかりで、勉強第一、目指すは「全校生徒皆東大」(打倒開成?【だったかな?定かではないですが。】)といいはる当時の教諭も含め、みんなが変わり者扱いしていた方でした。

 なんでも、校長の言い分は「ジュースなんてものは人間の脳を溶かしてしまうだけだ。脳には豆乳が一番いいんだ。」とのこと。そういや、朝礼か何かでそんなことを言っていたな・・。

だからと言って、生徒相手にそんな詐欺行為働き正論言い張って居直る校長って。。

結局、教諭の反対にあったのか、その騒動は数日でおさまりました。

でも、その校長は、ならば自販機そのものを撤廃するべきだと言い張っていたようです。

 そして、この軽犯罪入った校長の異常行為はまだ続き、最初のうちは原価計算で例えるならば非度外視法として取り扱っていました。

が、私が卒業する頃は、度外視法で扱われ。。

そして、私が卒業した後の下の代からは非原価項目として営業外費用となっていたようです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)