« 早く起きたその訳は… | トップページ | 魚肉ソーセージの包みをあらして。 »

2009年8月30日 (日)

関東実業団の試合

関東実業団の試合
昨日バスケ部の愚痴をかいたそばから…


会社が登録する実業団チームの試合へスコアつけにいきました。

実業団チームはうちの会社の名前をつけています。
でもそのメンバーは、うちの会社に所属しているバスケ部メンバーは4人だけで、その外人たちはバスケット経験のあるうちの会社の関連会社の人たちで構成されています。

(未だになんでこんなシステムになっているかわからない私。)


実業団を観に行くのはじつは初めて。。

ちょっと衝撃を受けました。

強かった。。
今までうちのチームでみてきた、少しダレた練習や上手いけど何かが足りなくて勝てないチームとは違い。。
普通にメンバー1人1人の役割ができていて、強いチームでした。

私は今まで初めて自分が関わったチームの快勝というのをみました。。


スコアつけにミスを連発。


今ひとつ皆さんの役には立たなかったです。


トレーナーとは別に普通にこの強さをバスケット部の皆さんに伝えたい、実業団チームにも、お呼びではないでしょうが、もっとお役に立ちたいと思っていた。

何だろう。
スコアつけも今ひとつじゃない。。自分のやる事を果たしていないじゃない。
ストレッチの勉強だって、何かまだまだ中途半端で。。
自分の足元まだ、しっかりしていない。。
そう、反省した。

確かに…
お前はトレーナーやりたいの?マネージャーしたいの?と言われると。。
中途半端だなと思うけど…
それで今すぐ身を立てるわけでなし、
今すぐどっちかにと決めないで、

引き続き、資格を得たストレッチやテーピング、心臓マッサージ関係を技として高めて、いざという時お役にたてるよう、
バスケットのルールで的確にスコアがつけられるように足元ガッチリしていこう。


その上で、素敵だなぁと思う試合をみたり、上手くなっていく選手をみて楽しむ余裕があってもいいのかな。。


そんな感じで少し、昨日までの混乱から紐といてみよう。


------------

・真剣だと知恵がでる


・中途半端だと愚痴がでる。


・いい加減だと言い訳ばかり


今日ダンススタジオ近くにあるフレッシュネスバーガーの厨房に貼ってあった言葉。


チクッときました。

|

« 早く起きたその訳は… | トップページ | 魚肉ソーセージの包みをあらして。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早く起きたその訳は… | トップページ | 魚肉ソーセージの包みをあらして。 »