« 仕方なくない負け | トップページ | 朝寝坊 »

2006年7月10日 (月)

草むしり

ココログがつながらない。。。こんな朝の時間帯でもレスポンスがおそい。。

全く・・・。

20060710_001
ウメさんは、左前足をカモノハシのようにちょっとまげて伏せるのが癖のようです。
「水かきウメさん」と呼んでいます。

 

狭いがうちには庭があります。

受験を理由にしばらく放置していたら、ありえない雑草が聳え立っていました。
おそらくご近所迷惑だったと思います。

で、、、先週からぼちぼちと草むしりをはじめました。
最初は草「刈」でしたが、最近ようやく「むしり」の域に達しました。

壁側の薄暗いエリアをむしると、いるんですね・・私が大嫌いな「土ぐも」君が・・。
草むしると足の流さを含めて二センチほどのくも君が二、三匹飛び出します。「ほぇぇぇぇ~・・」と一人ビビりながらやっております。

 でも、よくよく考えてみるに、くもがいる家というのは不思議とゴキブリちゃんにはあんまり遭遇しないようです。私の気のせいかもしれないですが。小さいときか ら、でかいくもはよく遭遇していました。足の長さ含めて10センチ以上はあるやつ。出会う度に失神しそうになりますが、ゴキブリちゃんというのはそんなに遭遇 したことがない。

 小さいとき、「ごきぶりホイホイ」という類のものの宣伝を見て興味を覚えたぐらいです。うちは設置していないので。子供心になんか面白そう・・と感じたのだと思います。それで、親に頼んで買ってもらった記憶があります。でも、なかなかかからない。しばらくしてはじめてかかったときは、親に早く捨てろと叱られながらその日一日眺めてました。
 東京に住むようになってから、ここの家に越すまで、ゴキブリちゃんに遭遇する部屋は確かにくも君には悩まされなかった。でも、くもが出てくる家に住むとゴキブリちゃんには余り遭遇しない。

 くもは益虫らしい。。見た目気持ち悪いくもと共存することを選ぶか、別に見ても怖いとは思わない不衛生なゴキブリちゃんと共存することを選ぶか。。。非常に悩ましい。

 草むしり中に太鼓持くも(子持ちのくも君のこと)に二匹遭遇・・。
 今一思いに殺してしまえば来年のくもの数は減る・・・そう考えるも、奴らの巣を荒らして殺すことは、ちいとためらう私であった(気弱な見栄はり)。
 その代わり私の家に入ってきたくもは腰抜かしながら容赦なく叩きのめすが・・・(典型的な内弁慶)。

 しかし、今年は秋口に除草剤をまいて雑草が生えないようにしよう。

|

« 仕方なくない負け | トップページ | 朝寝坊 »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ウメさんいつもキュートなポーズで迎えてくれて嬉しいです(*^^*)
「クモは家の中の害虫を食べてくれるいい虫だから殺しちゃだめ」というのが母の常の言葉でした。それは祖母の言葉でもあったようです。だから私はどんなに気持ち悪くても、糸がくっついて取れなくても、必ず殺さずに放ってます。クモは悪い虫じゃないんですね。以前家の中でちっちゃなクモが出現したとき、じっと観察してると、壁をとろとろ這い回って家中を冒険してたようでした。その間にきっと害虫を退治してくれてるんだ……と思いましたね。
外見と性質とは、別のものなんでしょうか(^^)

投稿: 凪子 | 2006年7月10日 (月) 14時36分

凪子さん、こんにちは。
わたしも母からくもは悪い虫を食べてくれるいい虫なのよ。と教わりました。

でも。。。これまた小さいときの話なのですが、夏の夜中にふとおきてしまい、天井に大きいくもがへばりついているのを見るとそれはオカルトものでした。

小さいくもならまだいいのですけど・・。

やっぱり外見と性質は違うものなんでしょうね。。

ココログのレスポンスが悪くて今日も更新断念しました。(涙)おまけに今日の午後から二日間メンテナンスらしく、更新がまたまた滞ってしまいます。

すみませんが、しばらく「水かきウメさん」が続きます。

投稿: 犬千代 | 2006年7月11日 (火) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111659/15069256

この記事へのトラックバック一覧です: 草むしり:

« 仕方なくない負け | トップページ | 朝寝坊 »