« すずあつ | トップページ | ウメさんの事情 »

2005年8月31日 (水)

年間予定

_1 こいつが。。。

 

 

IMG_0263_20050831_1 こんなになっちゃって。。でも基本は変わらない。

 

 おとといのコメント「吉ぶー」とよばれているのは、本当だったようだ。

後輩から、「信用ないですね。。」と一言。(後輩君、ごっ、ごめんなさい。。ネタですから。)

http://yoshiboo.com/

勉強は最近3時間できればいい方という危ない傾向に。

若者の勢いに勝てないもの・・・。

  1. パワー(大原のF先生は本試験の商法のとき、前日仮眠を取って、徹夜して最後の追い込みをかけて臨んだそうな。。それを聞いたとき、そんなこと、ありえないとまじめに思った。。)
  2. 回復力(一日無理をしてもどこかで軽く養生すれば回復できる。。風邪を引いても長引かない。)

そのほか、記憶の定着の速さや忘却曲線の周期の長さがあげられるが、、どうやってもかなわないのは上の二つだろう。

じゃあ、、年寄りの利点って。。。

  1. 経験値から来る無駄ない勉強法を編み出すこと?
  2. より己を知っているということ?

いやぁ、1を編み出す若者って割といるよな。2だって、年取ってこの試験を受けようと思うこと自体己を吟味しつくした上のことか?と思いたくなるよな。。

うん、やめよう。そんなことを考えるのは。

でも、うちの会社にいて明らかにいいこと。

  1. 備品・消耗品を出費なしで使える。(監査人になろうとしている人間がそんなことをしていいのか?という疑問はおいといて。)
  2. 違う世界を持っているので、双方にどっぷりはまらず客観視できる。時間が少ない分やっているときの集中力が違う気がする。気がするだけかも。
  3. お昼が安い。仕出し弁当330円って、、水道橋ライフの半額以下。
  4. そしてなにより、少なくても収入がある。

そんなところであろうか。。しばらくそれに甘んじよう。

kozyさんのブログでアドバイスをいただいた年間計画の検討。

もう少しまとめるが年内はというか、試験まで、通信や通学のカリキュラムをこなすので精一杯だなあ。

年内は、

  • 理論・・専門学校のカリキュラムを絶対にこなす。あらゆる場所で時間があれば基礎的な定義ものの暗誦
  • 計算・・基本問題で、基本ができない分野はつぶす。答練の後、基本問題に戻る。

これで手一杯だな。みんなが当たり前にできることを落とさないようにしよう。

ちなみに、大原の理論のカリキュラムはあまりに多すぎるので、平日授業となる科目は通信にすることにした。これについては出費が・・しかし、働いて取り戻そう。。

なので、大原の講義は土日通学・答練とステップのみ。ステップは、もしかしたら続かないかもしれない。

計算科目の答練、まずは秋特(秋の計算特訓)。

簿記は夜、管理会計は早朝と言うパターンで試すことに。早朝の場合、解説は15分が限界で、その後途中退出しないと勤務に間に合わないんだよな。。こんなこと一年間続けられるかどうか。。

ちなみに秋特簿記夜は今簿記3でもお世話になっているF先生なんでよかった〜。あの先生の笑顔をみるとなんだかほっとするんだよな。。ステップもやってくれないかな。。(去年もF先生は秋特夜でステップは早朝だったから無理か。。)

って、講師に甘えている場合じゃない。危ない危ない。

ステップは秋特の私の体力の状態を見て考えよう。

|

« すずあつ | トップページ | ウメさんの事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111659/15069098

この記事へのトラックバック一覧です: 年間予定:

« すずあつ | トップページ | ウメさんの事情 »