« 短答式試験を終えて(正門編) | トップページ | 「全てを忘れるために寝る・・」 »

2005年5月31日 (火)

短答式試験を終えて(意思決定編)

IMG_0153_50530 今日、中々次に向けてエンジンがかからない中、気分転換も兼ねて税理士受験の締め切りが間近なので予備校に願書を取りに行った。

ご挨拶もかねていつもお世話になっている原計の先生にお会いした。

先生:どうでした?試験は?

私:自己採点していませんが、どうもダメみたいです。採点怖くて・・

先生:何をしているの。自己採点するかしないかまず意思決定をしなさい。その時、怖いから採点はしないという選択肢はなし。自己採点しないなら、合格発表そのときまで、こんなところに来ていないで残りの授業も出て、論文式試験にむけて勉強しなさい。自己採点するならして、今後どうするか判断しなさい。その時に相談にのります。そんな中途半端な状態でだらだらしてはいけません。そんなことでは来年は受かりません。税理士だって無理です。税理士試験は、その科目のために一年間かけて勉強してきた人がいるんですよ。もっと厳しい試験なんですよ。あなたは甘いです。受験に対して。

・・・・相変わらず厳しい先生だった。というより私が甘いのか。

余りに攻撃的に言われたので、その時はつい私も言い返したりしたが、言い争ううちに自分が今すべきことが見えてきたような気がした。そして、、

私:先生、私自己採点します。

先生:じゃあ、早くそうしなさい。でも、その時点で他の受験生より二日遅れている事を忘れないように。みんなが試験まで90日間あるところをあなたは88日間でやらないといけないんですよ。

・・・・やっぱり厳しい。そしてやっぱり私は「あまあま」なのだ。

 家に帰って自己採点。25問正解の50点/100点だった。(簿記4財表5原計4監査8商法4)この試験のボーダーは最近は7割といわれている。予備校主催のボーダーライン予想会には出席する予定であるが、5割では絶望的であろう。

先月から、相次ぐ答練、追いつかない復習、不安と緊張の中、勉強することが急に怖くなった。そして私は先月以降の答練にほとんど参加せず引きこもりとなった。

その代償なのだ。

昨日まではただ漠然と来年目指して基礎からやり直そう。と考えていた。昨日の日記を書いたときもそんな気持ちだった。確かに先生の言うとおり、これでは甘すぎる。また来年も何かあるとすぐ逃げてしまうのではないか。。。逃げたって誰も何も言わないけど。。。

 で、前向きの意思決定の話。

私は8月から2年間休職した会社に復帰しなければならない。そんな中、今度は逃げずにやっていけるのか。終日フリーでいた状態にもかかわらず受験の辛さから逃げた私に。直前対策の追い込みをやらないで逃げてきた私に。。

 どうしよう。私!

続く(時間はないと言うのに・・でも冷静に考えてみよう。)

|

« 短答式試験を終えて(正門編) | トップページ | 「全てを忘れるために寝る・・」 »

ご主人のなげき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111659/43774779

この記事へのトラックバック一覧です: 短答式試験を終えて(意思決定編):

« 短答式試験を終えて(正門編) | トップページ | 「全てを忘れるために寝る・・」 »